Presentations

※論文などはこちらから

< 学会発表 >

– 海外

Tsuchiya, K., & Harada, C. (2018). The Facilitative Effect of Social Sensitivity in the Consensus Building Process. Poster presented at SPSP 2018 Annual Convention (Society of Personality and Social Psychology) (Atlanta, 2018年3月)

‣Harada, C., & Tsuchiya, K. (2018). Group Performance and Sociality: Examining the Role of Social Sensitivity and Self-Regulation. Poster presented at SPSP 2018 Annual Convention (Society of Personality and Social Psychology) (Atlanta, 2018年3月)

Koji Tsuchiya & Chika Harada (2016). The Effect of Social Sensitivity on Collective Intelligence: The Moderation Effect of Task’s Verbal Superiority in Japanese Culture. Poster presented at International Association for Cross-Cultural Psychology 23rd International Congress (ウィンクあいち,2016年8月)

‣ Yusuke Kataoka, Koji Tsuchiya, & Kazuhiko Kusumoto (2016). The Relationship Between Closeness and Understanding Toward Family: Comparing Sex and Residence Status Perceived by Japanese University Students. Poster presented at International Association for Cross-Cultural Psychology 23rd International Congress (ウィンクあいち,2016年8月)

‣ Victoria Yeung, Stephen Loughnan, Yoshihisa Kashima, Vivian Miu Chi Lun, Koji Tsuchiya (2014, July). Mere possession without consumption and its related psychological illusion. Poster presented at European Association of Social Psychology General Meeting 2014.

‣ Yeung, W. V., Loughnan, S., Kashima, Y., Lun, M. C. V., & Tsuchiya, K. (2013, July). The Precebo Illusion: How Mere Possession of an Object Leads to Perceived Benefits in the Absence of Consumption. The 13th European Congress of Psychology.

‣ Taro Hirashima, Koji Tsuchiya, Tadahiro Motoyoshi, & Toshikazu Yoshida (2013, January). Feeling conflicted and decision-making process: The effects of attitudinal ambivalence on information search and elaboration. The 40th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology, 226.

‣ Hiroyuki Yoshizawa, Makoto Nakajima, Takuya Yoshida, Chika Harada, & Koji Tsuchiya (2012, July). Hierarchical goals and social adjustment: Focusing on interaction effects of contextual variability and congruence. 16th European Conference on Personality Psychology p.203

‣ Takayuki Suzuki, Koji Tsuchiya, & Makoto Suzuki (2012, June). Do we really have the concepts of free will and moral responsibility? 38th annual Meeting of Society for Philosophy and Psychology.

‣ Hirashima, T., Tsuchiya, K., Motoyoshi, T., & Yoshida, T. (2012, March). The effects of attitudinal ambivalence on information search. Poster session presented at the Asian Congress of Psychology and Behavioral Science. Osaka, Japan.

‣ Hirashima, T., Tsuchiya, K., Motoyoshi, T., & Yoshida, T. (2012, January). The effects of attitudinal ambivalence on behavioral intention formation. Poster session presented at the 13th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology. San Diego, USA, 143.

Tsuchiya, K., Motoyoshi, T., & Yoshida, T. (2011, January). The role of subjective psychological distance toward an event in information flow processes. Poster session presented at the 12th annual Society for Personality and Social Psychology conference, San Antonio, Texas. 196.

‣ Harada, C., Yoshizawa, H., Nakajima, M., Yoshida, T., & Tsuchiya, K. (2011, January). The effect of flexibility of hierarchical goals with contextual changes on social adjustment. Poster session presented at the 12th annual Society for Personality and Social Psychology conference, San Antonio, Texas. 167.

‣ Yoshizawa, H., Nakajima, M., Yoshida, T., Harada, C., & Tsuchiya, K. (2011, January). Hierarchical goals and social adjustment: Domain specificity of the meditational processes involving regulatory competence. Poster session presented at the 12th annual Society for Personality and Social Psychology conference, San Antonio, Texas. 167.

Tsuchiya, K., Yoshizawa, H., Nakajima, M., Yoshida, T., & Harada, C. (2010, July). Self-regulation and activation of hierarchical goals with feedback changes. Brief Oral Presentation presented at the 27the International Congress of Applied Psychology. Melbourne, Australia.

‣ Harada, C., Tsuchiya, K., & Yoshida, T. (2010, July). The role of positive/negative experiences of interpersonal interaction and goal achievement on social self-regulation Electoric Poster presented at the 27th International Congress of Applied Psychology, Melbourne, Australia.

Tsuchiya, K., Motoyoshi, T., Yoshida, T., & Kashima, Y. (2010, January). The effect of a message sender’s experience on receivers’ attitudes toward an object and intentions to sample experiences with the object. Poster session presented at the 11th annual Society for Personality and Social Psychology conference, Las Vegas, Nevada.

‣ Harada, C., Tsuchiya, K., & Yoshida, T. (2010, January). The effect of construal levels and deliberative/implemental mindsets on social self-regulation. Poster session presented at the 11th annual Society for Personality and Social Psychology conference, Las Vegas, Nevada.

‣ Yoshizawa, H., Nakajima, M., Yoshida, T., Harada, C., & Tsuchiya, K. (2010, January). Flexibility of hierarchical goals in contextual change: Goal deactivation by contextual constraints. Poster session presented at the 11th annual Society for Personality and Social Psychology conference, Las Vegas, Nevada.

‣ Kashima, Y., Shi, J., Tsuchiya, K., & Laham, S. (2009, December). Comparing folk theories of social change in Australia. Paper session presented at the 8th Biennial Conference of Asian Association of Social Psychology. Delhi, India.

‣ Harada, C., Yoshizawa, H., Nakajima, M., Yoshida, T., & Tsuchiya, K. (2009, February). Executive function and self-regulation: Exploring the overlap between cognitive and behavioral regulatory functions. Poster session presented at the 10th annual Society for Personality and Social Psychology conference, Tampa, Florida.

‣ Yoshizawa, H., Yoshida, T., Harada, C., Nakajima, M., & Tsuchiya, K. (2009, February). Unique contributions of different regulatory functions to externalizing problem behaviors: Focusing on the cognitive and temperament/personality concepts. Poster session presented at the 10th annual Society for Personality and Social Psychology conference, Tampa, Florida.

Tsuchiya, K., Motoyoshi, T., & Yoshida, T. (2009, February). Past experience and process of social influence. Poster session presented at the 10th annual Society for Personality and Social Psychology conference, Tampa, Florida.

Tsuchiya, K., & Yoshida, T. (2008, July). The Role of Direct Experience in Evaluation Shifts. Poster session presented at the 29th International Congress of Psychology, Berlin, Germany.

Tsuchiya, K., & Yoshida, T. (2008, February). The Manner of Experience and Behavioral Decision Making. Poster session presented at the 9th annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Albuquerque, New Mexico.

Tsuchiya, K., & Yoshida, T. (2007, July). The Role of Direct Experience on Impression Formation. Asian Association of Social Psychology 7th Biennial Conference, Kota Kinabalu, Malaysia.

– 国内

‣ 原田知佳・土屋耕治 (2018). ASD グレーゾーン学生が認知する小集団活動の困難さとそのサポート要求 日本心理学会第82回大会 (仙台国際センター,2018年9月)

‣ 土屋耕治 (2018). 選択の主体とサンプルサイズが全体の推定に与える影響 日本社会心理学会第59回大会 (追手門学院大学,2018年8月)

土屋耕治 (2018). 人間関係領域の体験学習におけるVR利用の可能性 第19回日本体験学習研究会全国大会 レポート・セッション (2018年6月)

土屋耕治 (2017).「人間関係学習論」の構築へ向けて: 人間関係に関するルール・法則の追加・変更・整理という視点から 第18回日本体験学習研究会全国大会 レポート・セッション (2017年6月)

土屋耕治 (2017).「人間関係学習論」の枠組みで捉える体験からの学び: 人間関係の学びとは 第18回日本体験学習研究会全国大会 セオリー・セッション (2017年6月)

土屋耕治 (2016). 組織開発における効果的なファシリテーターのあり方:組織開発コンサルタントの倫理綱領を参考に ファシリテーション・シンポジウム2016 in 名古屋 (2016年5月)

土屋耕治・内田桃人 (2016). 組織開発入門&ナビ OD Network Japan 2016年次大会 (NTT DATA 駒場研修センター,2016年7月)

‣ 原田知佳・土屋耕治 (2016). メンバーの社会性が集団パフォーマンスに与える影響: 他者の感情理解と自己制御に着目したマルチレベル分析による検討 日本社会心理学会第57回大会 (関西学院大学,2016年9月)

土屋耕治・奥田太郎 (2016). スマートフォン依存傾向の親子間関係: 小中高生の保護者向けスマホ教室の参加者のデータから 日本社会心理学会第57回大会 (関西学院大学,2016年9月)

土屋耕治 (2015). 組織開発 (OD) の倫理: 現状の理解と今後の展開へ向けて,OD Network Japan 2015年次大会,(大妻女子大学,2015年8月)

土屋耕治・原田知佳 (2015). 社会的感受性と身体活動を伴う小集団の課題パフォーマンス -ブロック積み上げ課題を用いた検討-,日本グループ・ダイナミックス学会第62回大会発表論文集 (奈良大学,2015年10月)

土屋耕治・原田知佳 (2015). 相互作用活動を通したパーソナル・スペースの予測と調整―社会的感受性との関連から―,日本社会心理学会第56回大会発表論文集 (pdf)  (P401-02,東京女子大学,2015年11月)

‣ 原田知佳・土屋耕治 (2014).  他者感情が読み取れるだけでは幸せになれない?―社会的感受性および自己制御と幸福感の関連― 日本社会心理学会第55回大会発表論文集 (2014年7月)

土屋耕治・原田知佳 (2013). 集団としての社会的感受性が合意形成過程へ与える影響−まなざしからの心の読み取りと合意形成過程への満足との関連− 日本社会心理学会第54回大会発表論文集 (2013年11月)

原田知佳土屋耕治 (2013). 集団内で発揮される自己制御の検討 (2) −集団レベルの指標を用いた社会的感受性との交互作用効果に着目して− 日本社会心理学会第54回大会発表論文集 (2013年11月)

土屋耕治・原田知佳 (2013). 社会的感受性が合意形成に果たす役割 (1) −まなざしからの心の読み取りと集団合意形成時の発言量との関連− 日本心理学会第77回大会発表論文集 (2013年9月)

‣ 原田知佳・土屋耕治 (2013). 社会的感受性が合意形成に果たす役割 (2) −社会的自己制御との交互作用効果に着目して− 日本心理学会第77回大会発表論文集 (2013年9月)

土屋耕治・鈴木貴之・鈴木真 (2012). 自由意志と責任に関する素朴理論−大学生・哲学者・社会心理学者の相違に着目した実験哲学的検討− 日本社会心理学会第53回大会発表論文集 p.136 (pdf) (2012年11月)

‣ 原田知佳・土屋耕治 (2012). 集団内で発揮される自己制御の検討−社会的感受性および社会的自己制御に着目して− 日本社会心理学会第53回大会発表論文集 p.188 (pdf) (2012年11月)

‣ 吉澤寛之・中島誠・吉田琢哉・原田知佳・土屋耕治 (2012). 階層的目標と社会的適応性 (5) −個人内制御領域における目標固有の状況変動と規範適合性の影響− 日本社会心理学会第53回大会発表論文集 p.240 (pdf) (2012年11月)

‣ 平島太郎・土屋耕治・元吉忠寛・吉田俊和 (2012). 態度の両価性が情報探索方略に及ぼす影響−オンラインの情報処理を指標とした検討− 日本社会心理学会第53回大会発表論文集 p.326 (pdf) (2012年11月)

‣ 高村和代・吉澤寛之・秋山晶則・佐藤善人・土屋耕治・龍崎忠・吉橋由香 (2012). 教員養成系大学における人間関係能力と教育力の育成(2)-初年次実践カリキュラムの効果検証
第54回日本教育心理学会(琉球大学) (2012年11月)

‣ 吉澤寛之・中島誠・吉田琢哉・原田知佳・土屋耕治 (2011). 階層的目標と社会的適応性(4)―目標の状況変動と状況適合性に関する交互作用的検討― 日本社会心理学会第52回大会発表論文集, 81.

‣ 平島太郎・土屋耕治・元吉忠寛・吉田俊和 (2011, 9月). 態度の両価性が情報探索行動に及ぼす影響 日本社会心理学会第52回大会発表論文集, 229.

‣ 平島太郎・土屋耕治・元吉忠寛 (2011, 6月). 態度の両価性が行動意図の形成に及ぼす影響―子宮頸がん検診の受診を題材にした検討― 東海心理学会第60回大会発表論文集, 46.

土屋耕治・吉田俊和 (2010). 経験に基づく情報は伝達過程で保持されるのか?-情報の多寡と伝達状況が経験に基づく情報の伝達に与える影響- 日本心理学会第74回大会発表論文集, 242.

‣ 原田知佳・吉澤寛之・中島誠・吉田琢哉・土屋耕治 (2010). 階層的目標と社会的適応性 (2) -場面変動に伴う制御行動に着目して- 日本心理学会第74回大会発表論文集, 81.

‣ 吉澤寛之・中島誠・吉田琢哉・原田知佳・土屋耕治 (2010). 階層的目標と社会的適応性 (1) -制御コンピテンスによる媒介モデルの領域固有性- 日本心理学会第74回大会発表論文集, 80.

土屋耕治・元吉忠寛・吉田俊和 (2010). 知覚された身近さが駆り立てる行動意図-共感性,イメージの鮮明さが援助行動・情報探索・共有意図に与える影響- 日本社会心理学会第51回大会発表論文集, 626-627.

‣ 原田知佳・吉澤寛之・中島誠・吉田琢哉・土屋耕治 (2010). 階層的目標と社会的適応性 (3) -状況変動に伴う上位・下位目標に着目して- 日本社会心理学会第51回大会発表論文集, 328-329.

土屋耕治・吉田俊和 (2010). 他者の対象への好意表明が経験後の態度構造に与える影響 日本グループ・ダイナミックス学会第57回大会発表論文集, 18-19.

‣ 市川裕一朗・加山惠理・黒田友香理・平手千帆・水野麻実・三ツ矢慎平・土屋耕治 (2010). 個人特性としての共感性が現実感と行動意図に及ぼす影響―人道支援募金を題材にして― 東海心理学会第59回大会発表論文集, 44.

‣ 中島誠・吉澤寛之・吉田琢哉・原田知佳・土屋耕治 (2009). 階層的目標の状況変動性 (2) -行動変換・維持状況における目標対応性の検討1- 日本社会心理学会第50回大会・日本グループ・ダイナミックス学会第56回大会合同大会論文集, 1056-1057.

土屋耕治・吉澤寛之・中島誠・吉田琢哉・原田知佳 (2009). 階層的目標の状況変動性 (3) -行動変換・維持状況における目標対応性の検討2- 日本社会心理学会第50回大会・日本グループ・ダイナミックス学会第56回大会合同大会論文集, 1058-1059.

土屋耕治・元吉忠寛・吉田俊和 (2009). 経験者の評価が受け手の表象・行動意図に与える影響-直接経験者の持つ社会的影響- 日本社会心理学会第50回大会・日本グループ・ダイナミックス学会第56回大会合同大会論文集, 1060-1061.

土屋耕治・元吉忠寛・吉田俊和 (2008). 未経験者は経験者の意見に同調するか?-経験に基づく評価と意思決定- 日本社会心理学会第49回大会発表論文集, 80-81.

‣ 吉田琢哉・吉澤寛之・原田知佳・中島誠・土屋耕治 (2008). 自己制御能力の弁別的予測性に関する研究(4)―実行機能を統制した自己制御の社会的適応への影響― 日本心理学会第72回大会発表論文集, 221.

‣ 吉澤寛之・吉田琢哉・原田知佳・中島誠・土屋耕治 (2008). 自己制御能力の弁別的予測性に関する研究(5)―実行機能を統制した自己制御の問題行動への影響― 日本心理学会第72回大会発表論文集,222.

土屋耕治・元吉忠寛・吉田俊和 (2008). 経験者は他人の意見に耳を傾けるのか?-経験に基づく評価と行動意思決定- 日本グループ・ダイナミックス学会第55回大会発表論文集, 68-69.

‣ 吉澤寛之・中島誠・土屋耕治・吉田琢哉・原田知佳 (2008). 自己制御能力の弁別的予測性に関する研究(1)-実行機能の問題行動への影響- 日本グループ・ダイナミックス学会第55回大会発表論文集, 148-149.

‣ 吉田琢哉・中島誠・土屋耕治・吉澤寛之・原田知佳 (2008). 自己制御能力の弁別的予測性に関する研究(2)-実行機能の社会的適応への影響- 日本グループ・ダイナミックス学会第55回大会発表論文集, 150-151.

‣ 原田知佳・中島誠・土屋耕治・吉澤寛之・吉田琢哉 (2008). 自己制御能力の弁別的予測性に関する研究(3)-実行機能と各自己制御指標との関連- 日本グループ・ダイナミックス学会第55回大会発表論文集, 152-153.

土屋耕治・吉田俊和 (2007). 経験の仕方の違いが生み出す行動の差異-意思決定プロセスに注目した実験室実験による検討- 日本社会心理学会第48回大会発表論文集, 816-817.

土屋耕治・吉田俊和 (2007). 対象物の直接経験時における注意が態度形成過程に与える影響-間接経験との比較による検討- 日本グループ・ダイナミックス学会第54回大会発表論文集, 178-179.

土屋耕治 (2006). 対立する特徴を併せ持った他者との経験が刺激人物の予期に与える影響 日本社会心理学会第47回大会発表論文集, 410-411.

土屋耕治 (2006). 既有知識・スキーマが印象形成の情報統合過程に与える影響―身近に当該行動をとる人物がいる程度による印象変化の差異に注目して― 東海心理学会第55回大会発表論文集, 53.

– 研究会・ワークショップ

土屋耕治・池田満 (2018). 2017年度卒業予定者対象カリキュラム調査報告 2017年度心理人間教育研究会 (岐阜市,2018年3月)

土屋耕治・浦上昌則 (2018). ⼤学におけるPC活⽤に関する試み 2017年度心理人間教育研究会 (岐阜市,2018年3月)

土屋耕治 (2017).「集団的知能の発現過程における社会的感受性の役割」 日本社会心理学会第58回大会 WS 集団パフォーマンスの科学の構築へ向けて: 小集団のダイナミックスの展開 (2017年10月)

‣ 鈴木貴之・土屋耕治 (2013, October).  自由意志と道徳的責任にかんする判断の心的メカニズム. (Link)

Tsuchiya, K. (2009, August). The Role of Sampling Behavior in Information Flow Processes. The University of Melbourne, Australia.