Publications

※業績一覧です。コピーをご入用の方は,tsuchiya[at]nanzan-u.ac.jpまでご連絡ください

< Refereed Papers >

土屋耕治 (2016). 組織の「時間」への働きかけ: 組織開発における組織診断の事例から 実験社会心理学研究, 56 (1), 70-81.  (2016年9月) (pdf through J-STAGE) doi.org/10.2130/jjesp.si2-5

‣ Loughnan, S., Fernandez, S., Vaes, J., Anjum, G., Aziz, M., Harada, C., Holland, E., Singh, I., Puvia, E., & Tsuchiya, K. (2015). Exploring the Role of Culture in Sexual Objectification: A Seven Nations Study. International Review of Social Psychology / Revue Internationale de Psychologie Sociale, 28(1), 125-152.(pdf through RG)

‣ 平島太郎・土屋耕治・元吉忠寛・吉田俊和 (2014). 態度の両価性が行動意図の形成に及ぼす影響―子宮頸がん検診の受診を対象とした検討― 実験社会心理学研究, 54, 1-10. doi: 10.2130/jjesp.1215 (2014年8月) (pdf through J-STAGE)

‣ 原田知佳・土屋耕治・吉田俊和 (2013). 社会的自己制御における高次/低次解釈と熟慮的/遂行的マインドセットの効果 社会心理学研究, 29, 32-49. (2013年8月) (pdf through J-STAGE)

‣ Harada, C, Tsuchiya, K., & Yoshida, T. (2012). The role of positive/negative experiences of interpersonal interaction and goal achievement on social self-regulation, Japanese Journal of Applied Psychology, 38, 126-128. (2012年11月)

‣ Kashima, Y., Shi, J., Tsuchiya, K., Kashima, E. S., Cheng, S. Y. Y., Chao, M. M., & Shin, S. -h. (2011). Globalization and folk theory of social change: How globalization relates to social perceptions about the past and future, Journal of Social Issues, 67, 696-715. doi: 10.1111/j.1540-4560.2011.01723.x (2011.Dec.) (abstract, pdf through RG)

土屋耕治 (2011). 印象形成の情報統合過程における経験の役割-身近な人物の存在とステレオタイプの利用- 東海心理学研究, 5, 1-7.

土屋耕治・吉田俊和 (2010). 直接経験・間接経験が行動意思決定に与える影響 対人社会心理学研究, 10, 139-146. (pdf)

< 紀要など >

New‣ 土屋耕治 (2018). ラーニングピラミッドの誤謬: モデルの変遷と “神話” の終焉へ向けて 人間関係研究,17,55-74. doi: 10.15119/00001611  (2018年3月) (紹介ページ本文pdf)

土屋耕治 (2017). 「人間関係学習論」の構築へ向けて: 人間関係に関するルール・法則の追加・変更・整理 人間関係研究, 16, 1-13. doi: 10.15119/00001162 (2017年3月) (pdf)

‣ 平島太郎・土屋耕治・元吉忠寛・吉田俊和・五十嵐祐 (2014). 態度の両価性が情報探索に及ぼす影響 名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要 (心理発達科学), 60, 27-37. (2014年1月) (pdf)

‣ グラバア俊子・土屋耕治・戸本真由 (2013). 人間関係領域におけるフィールドワークの教育プログラムとしての可能性 −南山大学『人間関係フィールドワーク』を例として (その1) − 南山大学紀要『アカデミア』人文・自然科学編, 5, 1-21. (2013年1月)

土屋耕治 (2012). 社会倫理の道標  “ソーシャル” なこころを考えるための十冊 時報しゃりんけん, 5, 34-37. (2012年6月)

‣ Victoria Wai-Lan Yeung, Koji Tsuchiya, Stephen Loughnan, & Yoshihisa Kashima (2010). An Unacknowledged Lay Belief: I am already benefited from an object once I possess it even before I utilize it. Center for Experimental Research in Social Science, Hokkaido University, Working Paper Series No. 119.

‣海上智昭・元吉忠寛・土屋耕治・高橋伸行・吉田俊和 (2007). 中等教育における災害リスク教育の可能性 -あたらしいリスク教育のありかた- 中等教育研究センター紀要, 7, 25-39.

< 学術著書 >

土屋耕治 (2012). Column10 サイコロジストが “占う” 人間関係 「対人関係の社会心理学」(吉田俊和・橋本剛・小川一美編) pp. 235-237, ナカニシヤ出版. (Amazon)

土屋耕治 (2010). 7章第2節フォールス・コンセンサス効果と集団での意思決定 「体験で学ぶ社会心理学」(吉田俊和・元吉忠寛編) pp. 88-89, ナカニシヤ出版. (Amazon)

<学会発表はこちらから>